Instagram

Instagram、リール広告の提供開始を発表

Instagramは6月17日(米国時間)、30秒以内の短尺動画を楽しむことができる機能(リール)において、広告の提供を開始することを発表しました。本日より、日本を含むリールが利用できるすべての国と地域でご利用いただけます。

リール広告はストーリーズ広告と同様に縦長の全画面で表示され、通常のリール動画の合間に表示されます。リール専用タブだけでなく、発見タブ、ストーリーズやフィードなどに表示されるリール動画をタップし、リールだけが再生される全画面ビューアーに移動すると、次々に再生される動画の合間に広告が表示されます。ビジネスは最大30秒までの動画を広告として出稿することができ、広告もリール動画のように一度再生が終わるとループで再生されます。

利用者はリール広告にコメントを残したり、いいね、保存、シェアすることができます。また、Instagram上の他の広告と同様、どのような広告を見るかを利用者が管理することができ、興味がない広告が表示されたときにはスキップしたり、非表示にしたり、報告することができます。

InstagramのCOO、ジャスティン・オソフスキー(Justin Osofsky)は次のように述べています。

「リールはInstagramで新しいコンテンツを発見するための素晴らしい方法であり、広告の提供も自然な流れであると考えています。利用者がエンターテインメント性の高い動画を楽しんでいる環境の中で、規模に関わらず、あらゆるビジネスが新しいクリエイティブフォーマットを利用することができます。」

リール広告の詳細はこちらをご覧ください。


:

Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー