Instagram

Instagram、フィード動画とIGTV動画を「Instagram動画」として統合し、新しいタブで表示

Instagramは10月5日(米国時間)、フィード動画とIGTV動画を「Instagram動画」として統合し、プロフィール上の動画タブにまとめて表示することを発表しました。ひとつのタブに一覧表示することで、利用者はより簡単に動画コンテンツを発見することができるようになります。

現在、Instagram上では多くの利用者が動画コンテンツを日常的に楽しみ、ビジネスやクリエイターもストーリーを伝えたり、ファンや顧客と繋がったりするために動画を積極的に活用しています。このような背景から、フィード動画とIGTV動画をひとつのフォーマットとして統合し、動画コンテンツを発見する際と投稿する際、どちらにおいてもよりシンプルな仕組みに変更することにしました。

動画を視聴するとき

プロフィール上の動画タブから視聴したい投稿を選んでタップすると、フルスクリーンで再生され、スクロールすると、そのアカウントが投稿した他の動画を視聴することができます。また、フィードに表示される動画をタップしても同様に全画面のビューアーが開き、スクロールすると、利用者の興味関心にあわせて、似たような動画が再生されます。加えて、フィード動画のプレビューは最長60秒に変更されます。

動画を投稿するとき

今後、リール以外の動画をシェアするときは、すべてホーム画面の右上にある「+」ボタンをタップして投稿することができるようになります。カメラを開いて動画を撮影するか、最大60分までの動画をカメラロールから選んで投稿します(投稿できる最短の動画は0.5秒)。また、今回のアップデートで、トリミングやフィルター、アカウントや位置情報タグなどの機能も追加されました。

単独アプリIGTVを「Instagram TV」に名称変更

フィード動画とIGTV動画を「Instagram動画」として統合するのに伴って、2018年6月に発表した単独アプリ「IGTV」は「Instagram TV」と名称を変更します。また、同アプリでは、投稿された動画だけでなく、配信中のライブ動画も視聴することができるようになります。

一部の国で導入済の「IGTV広告」は、「Instagramインストリーム広告」と名称変更します。この広告は収益配分モデルを採用しており、クリエイターが投稿する動画の冒頭に広告を表示することで、クリエイターがコンテンツを収益化することができる仕組みです(日本未導入)。

Instagramでは今後も、利用者が動画を含むエンターテインメント性の高いコンテンツを楽しみ、クリエイターやビジネスがそのようなコンテンツを投稿しやすくなるような機能の改善・開発に取り組んでいきます。



Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー