Instagram

Instagram、発見タブ上のセンシティブなコンテンツの表示管理機能を導入

Instagramは7月20日(米国時間)、発見タブに表示されるセンシティブなコンテンツを管理する機能「センシティブコンテンツコントロール」の提供を開始しました。
 
発見タブでどのようなコンテンツを見たいかは、利用者によって異なることをInstagramは理解しています。この機能の導入により、利用者の希望によってセンシティブなコンテンツの表示を管理することができるようになります。現在自身に表示されるコンテンツに問題がないと感じている利用者は設定を変更しないことも選択できるため、利用者にはより多くの選択肢が与えられることになります。

Instagramが提供する体験が利用者に合っているかどうかは、利用者によって考えが異なることがここ数年で明らかになっています。Instagramは、Instagram上での体験は利用者一人一人の好みに合うべきであると考えています。その実現に向け、これまでコメントを非表示にする機能や、望まないやりとりからアカウントを保護するための「制限」機能などを導入しました。本日発表した機能もその一つです。
 
Instagramでは、投稿するコンテンツに対して利用者の安全を守ることを目的としたコミュニティガイドラインを設けています。Instagramではヘイトスピーチやいじめなど、利用者に危害を加える恐れのあるコンテンツを許容しません。また、発見タブのようなページで、どのようなコンテンツを表示するかルールを設けており、これが「おすすめ」に表示されているコンテンツを定めています。これらのガイドラインは、利用者がフォローしていないアカウントのセンシティブなコンテンツを表示しないよう設計されています。センシティブなコンテンツは、必ずしもInstagramのガイドラインに違反しているとは限らない一方で、一部の利用者を不安にさせる可能性のある投稿などが該当します。

「センシティブコンテンツコントロール」を確認する方法は以下の通りです。

  1. プロフィールを開き、右上の「設定」メニューをタップ
  2. 「アカウント」を選択
  3. 「センシティブコンテンツコントロール」をタップ
  4. 設定をデフォルトの状態のままにするか(「制限」)、さらに表示するか(「許可」)、または一部のセンシティブなコンテンツのみ減らすか(「さらに制限」)の3通りの設定を選択可能

※選択した内容は、いつでも変更できます。ただし、18歳未満の利用者には「許可」の選択肢はありません。

Instagramは利用者に選択肢を提供することで、Instagramがより安心安全に利用されることを願っています。Facebookにおける同様の設定についても、今後数ヶ月以内に詳細を公表する予定です。

センシティブコンテンツコントロールに関する詳細については、ヘルプセンターをご確認ください。

 


:

Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー