利用者が大会とつながり、感動を共有できるように

 

大会が開催されるこの夏、Facebook社はFacebook、Instagram、WhatsAppなどの、私たちが提供するプラットフォームを通して、利用者が大会に関するコンテンツを発見し、感動を共有し、この大会を体験する機能を提供します。

Facebookに「情報ハブ」を開設

Facebookでは、オリンピックオフィシャルパートナーである報道機関のハイライト、チームや選手の紹介、今大会から新たに採用された競技の解説、オリンピックの歴史、さらには友達をはじめとする親しい人々のオリンピックに関する投稿が閲覧できる、情報ハブを開設しています。ハブへはこちらから、または「#Olympics」、「#Tokyo2020」、「#TokyoOlympics」のハッシュタグをクリックすることでアクセスができます。

InstagramにARカメラエフェクトが登場

ストーリーズやリールで楽しめるInstagramのAR(拡張現実)カメラエフェクトにも、大会に合わせて様々なデザインが登場します。
大会「@olympics」Instagramアカウントでは東京2020大会の公式マスコット「ミライトワ」が現れるデザイン、「@Tokyo2020」のInstagramアカウントでは、2020大会の公式ソングを使用したエフェクトを提供しています。

また、Instagramの公式アカウント「@instagram」では、東京2020大会に向けて準備を進める11人のオリンピック選手の舞台裏をリールで紹介します。

WhatsAppにオリンピック情報が確認できるチャットボット

WhatsAppにオリンピックの公式チャットボットが登場しました(英語版のみ)。WhatsAppのビジネス向けAPIを利用したこのチャットボットを使用して、オリンピックのスケジュール、地元放送局のチャンネル情報、最新のメダル獲得状況を確認することができます。さらに、大会の公式ステッカーやオリンピック競技にまつわるクイズなどの楽しいコンテンツのほか、東京2020大会による「#StrongerTogether」キャンペーンの詳細情報を知ることができます。

2021年の夏、世界中の人々が大会とつながり、利用者の皆さまがお気に入りのチームや選手を応援し、特別な瞬間をFacebook社が提供するプラットフォームを通して共有するサポートが出来ることを嬉しく思います。



Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー