データポータビリティツールの利用範囲を拡大

Facebook社は4月19日(米国時間)、利用者が自身のデータをより詳細に管理し、より多くの選択ができるようにするため、転送可能なデータにFacebookの投稿とノートの2つを追加したことを発表しました。これにより利用者は、ノートおよび投稿をGoogleドキュメント、Blogger、WordPress.comに直接転送できるようになります。これまでも写真と動画をBackblaze、Dropbox、Googleフォト、Koofrへ転送することは可能でしたが、今回のアップデートによりこの機能の利用範囲がさらに広がります。また、Facebookパートナーのサービスへの転送が可能となったデータの種類をより正確に反映するため、機能名を「自分の情報を転送する」に変更します。

このデータポータビリティツールは、プライバシー、セキュリティ、および実用性を考慮して設計されています。Facebook社は転送を開始する前にパスワードの再入力を利用者に求め、移行されるデータをすべて暗号化することで、安全なデータ転送環境を確立しています。

この機能は、Facebookの[設定]にある[あなたのFacebook情報]から[自分の情報を転送する]をクリックして利用することができます。画面の指示に沿って、手順をいくつか踏むことで選択したデータを対応しているサービスに安全に転送することができます。

Facebook社は今後も転送可能なデータの種類やパートナーを追加していく予定です。しかし、データポータビリティに対応するエコシステムの構築は、どのような種類のデータが持ち運び可能であるべきなのか、データを別のサービスに移行する際に誰がそのデータを保護する責任を負うのかについて、明確なルールが必要です。今回のアップデートにより、これらの課題に関する議論が、政策立案者、開発者、専門家との間でより活発に行われるきっかけになることを期待しています。Facebook社がこの議論にどのように関与しているかについての詳細はデータポータビリティに関するホワイトペーパーと米国連邦取引委員会(FTC)へ提出した意見書(英語のみ)をご覧ください。



Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー