Instagram

Instagram、若年層の利用者を守る3つの新機能を発表 フォローしていない大人とのダイレクト機能を制限など

Instagramは3月16日(米国時間)、悪意ある行動をとる大人から若年層の利用者を守る3つの新機能を発表しました。Instagramにとって、利用者、特に若年層の安心・安全を守ることは最重要事項です。Instagramには若年層の安全に特化した専門チームがあり、専門家と密に協力し、開発した機能の啓発に取り組んでいます。

  1. 18歳未満の利用者と彼らがフォローしていない大人とのダイレクト機能を制限
  2. 不審な行動を取るアカウントとのやりとりを警告し、対応策を通知(2021年3月より数か国で提供開始し、より多くの国と地域で順次利用可能に)
  3. 18歳未満の利用者にのアカウント非公開を推奨する通知を表示


利用者の年齢を認識するための機能を改善

Instagramを利用するには13歳以上である必要があり、以前から新たにアカウントを作成する際に年齢の提示を求めています。多くの利用者は年齢を正しく登録していますが、一部の若年層の利用者が生年月日を偽ることがあることもInstagramは把握しています。このような行為を防ぐためにより一層対策を強化したいと考えていますが、オンラインでの年齢確認は複雑であり、業界全体の課題でもあります。写真付きの身分証明書を求めることは、より多くの個人情報を収集することにつなるだけでなく、多くの若年層にとって提出すること自体が難しい可能性があります。

この課題を解決するために、Instagramは成年と未成年を判別するための新たなAIや機械学習を開発し、下記のような年齢に応じた新しい機能に適用します。

1.18歳未満の利用者と彼らがフォローしていない大人とのダイレクト機能を制限

大人からの望まないやりとりから若年層の利用者を守るために、大人が、自分をフォローしていない18歳未満の利用者にメッセージを送れないようにする新機能を全世界で導入しました。例えば、ある大人が自分をフォローしていない18歳未満の利用者にダイレクト機能でメッセージを送ろうとしても、送ることができないと通知が表示されます。この機能は、機械学習を用いて利用者の年齢を予測するInstagramの取り組みと、利用者が登録時に提供した年齢に則っています。Facebook社はエンド・ツー・エンド暗号化への移行を進めており、ダイレクト機能の内容にアクセスすることなく、プライバシーを保護し、利用者の安全を守るための機能に注力しています。

 

2.不審な行動を取るアカウントとのやりとりを警告し、対応策を通知

お互いにフォローしていない大人と18歳未満の利用者の会話を防ぐことに加えて、すでにつながっている大人との会話においても、若年層の利用者がより慎重になるように促す通知の表示を開始します。ダイレクト機能での通知は、不審な行動をとっている大人とダイレクト機能でやりとりしている場合に、18歳未満の利用者に通知されます。例えば、ある大人が18歳未満の利用者に大量のフォローリクエストやメッセージリクエストを送っている場合、このツールを使ってダイレクト機能内で受信者に警告し、会話を終了するか、その大人をブロック、報告、制限するかの選択肢を提供します。今月より数か国で提供開始し、より多くの国と地域で順次利用可能になる予定です。

 

3.18歳未満の利用者に非公開アカウントを推奨する通知を表示

アカウントを非公開に設定し、誰が自分のコンテンツを見たり、リアクションしたりできるのかを適切に管理することことで、若年層の利用者はInstagramをより安心・安全に楽しむことができます。Instagramは、18歳未満の利用者がアカウントを新たに作成する際に、公開アカウントと非公開アカウントのどちらに設定するか選択肢を全世界で表示しています。それぞれの設定の違いについての情報を伝えることで、若年層の利用者が積極的に非公開アカウントを選択するよう促したいと考えています。

Instagramは、意欲あるクリエイターやアスリートのような若い利用者が、公開アカウントに多くのメリットを見出していることを理解しています。そのため、若年層の利用者が様々な選択肢について学んだ上で、公開アカウントに設定するかどうか選択できるようにしています。登録時に「非公開」を選択しなかった場合、非公開アカウントの利点を伝える通知を送信し、設定を確認するよう促します。また、追加のプライバシー設定など、Instagram上で若年層の利用者を守るための追加手段を引き続き検討し、今後数ヶ月のうちにお伝えする予定です。

また、今後改善・強化する対策についても発表しました。

 不審な行動をとる大人が、18歳未満の利用者を発見・フォローしづらくする

今後数週間のうちに、不審な行動をとっていると疑われる大人が18歳未満の利用者と交流しづらくする方法を導入予定です。例えば、「おすすめ」の利用者に10代の利用者のアカウントが表示されないようにしたり、「リール」や「発見」タブで18歳未満の利用者が投稿したコンテンツを見つけられないようにしたり、18歳未満の利用者の公開投稿へのコメントを自動的に非表示にしたりといったことを想定しています。

 

「保護者のためのInstagramガイド」を刷新

Instagramは、若年層の利用者が安全かつポジティブな気持ちでInstagramを楽しめるように、保護者の方々に有益な情報を提供したいと考えています。3月10日には、6つの国内NPOと協力して、「保護者のためのInstagramガイド」を刷新しました。第二版の本ガイドでは、初版ローンチ以降に導入された機能を追加し、多くの画像を用いて各機能の使い方をより分かりやすく説明している他、セキュリティや他者のサポート情報を新たに追加しています。

Instagramは、すべての利用者にとって安全かつ思いやりのあるプラットフォームでありたいと考えています。今回のアップデートは、若年層の利用者を保護するための継続的な取り組みの一環であり、Instagramの専門チームは大人と18歳未満の利用者の間の不適切なやりとりをさらに制限するための新たな対策に引き続き尽力してまいります。

 


:

Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー