詐欺的行為からアカウントを守るために

今年、多くの人々が、コミュニティや家族、友人とのつながりを保つためにこれまで以上にオンラインサービスを利用しています。しかし残念ながら、一部の悪意のある人々もこの状況を認識しており、フィッシングやその他のセキュリティ詐欺に対して、常に警戒することがますます重要になります。

Facebook社のすべてのファミリーアプリは、高精度のセキュリティソフトウェアを使用しています。しかし、オンラインサービスを使用するすべての人々がフィッシングの被害に遭う可能性があります。詐欺の手法は、メールやメッセージアプリを使用して、被害者をだまして偽のリンクをクリックさせたり、メッセージを転送させたり、個人情報を共有させたりなど様々です。多くの場合、これらの詐欺をはたらく人はFacebook社の者であることや、正当なビジネスであること、または、信頼できる機関で働いていることを装っています。

このようなフィッシングなどの詐欺行為をFacebookやInstagram上で回避するための方法をいくつか紹介します。

  • 不審なメールやメッセージに気を付ける
    FacebookもしくはInstagramを名乗った不審なメールが届いた際には、まずは送信元のメールアドレスを確認してください。FacebookやInstagramからのアカウントに関するお知らせメールのドメイン名は、@facebookmail.com、@mail.instagram.comのみです。FacebookやInstagramから最近届いたメールは、いつでもアプリから確認できます。また、Facebook社が利用者に連絡をする際にダイレクトメッセージを使用することはありません。金銭を要求するメッセージ、無料のオファー、または利用者のFacebook/ Instagramアカウントの削除または停止を脅すメッセージは信用しないでください。
  • 対策を講じ、Facebook社に報告する
    不審なメールやメッセージを発見した場合は、phish@fb.comまでご報告ください。FacebookやInstagram上の不正コンテンツやスパムを報告する場合は、コンテンツの近くに表示されている報告機能を使用することをおすすめします。
  • 絶対にログイン情報を開示しない
    FacebookやInstagramが利用者のパスワードを要求するメールを送信したり、添付ファイルとしてパスワードを送ることは絶対にありません。お使いのログイン情報は、絶対に誰にも教えないでください。
  • 不審なリンクをクリックしない
    FacebookまたはInstagramからと主張する不審なメールやメッセージを受信した場合や、投稿を見た場合は、絶対にリンクや添付ファイルをクリックしないでください。
  • セキュリティ機能を追加する
    二段階認証を有効にして、アカウントのセキュリティを強化してください。認識していないデバイスからアカウントにログインしようとする際、パスワードに加えてSMSに送られるコードまたは認証アプリのログインコードの入力を必須にすることで、アカウントのセキュリティを強化することができます。設定方法についてはこちら(Facebookの場合/ Instagramの場合)をご覧ください。

なお、フィッシングの被害に遭った場合の対処やその他アカウントのセキュリティに関する情報については、こちら(Facebookの場合Instagramの場合)からご確認ください。

 



Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー