Instagram

Instagram、飲食店から料理を注文できる機能を日本でも導入開始

Instagramは4月27日(日本時間)、お気に入りの飲食店からスタンプやアクションボタンを通じて料理を注文できる機能を日本でも導入することを発表しました。この機能は新型コロナウイルスの影響を受けている中小ビジネスを支援する取り組みの一環として、4月中旬に米国とカナダで先行して導入したものです。日本国内でも数日前から順次展開を始めており、条件を満たしているビジネスは無料で利用することができます。

今回のアップデートにより、飲食店は「料理を注文」スタンプをInstagramストーリーズの投稿で使ったり、プロフィールにアクションボタンを追加したりすることができます。利用者がスタンプやアクションボタンをタップすると、飲食店が設定したプラットフォームのページが表示され、注文を完了することができます。

ビジネスプロフィールを利用しているアカウント(ビジネスアカウント)で、国内におけるパートナーであるUber Eatsの加盟店であれば、スタンプの利用やアクションボタンの設定は無料で行うことが可能です。Instagramアカウントの開設およびビジネスアカウントの設定も無料です。

使い方は以下の通りです:

  • ストーリーズの投稿画面でスタンプトレーを表示し、「料理を注文」スタンプを選択
  • 初めて利用する場合は [スタンプを設定] 画面が表示されます
  • パートナーを選択し、自店舗のリンク(URL)を追加
  • プロフィールにアクションボタンを追加したい場合は設定をONにする(アクションボタンを追加してなくても、リンクを設定していればスタンプは利用可能)

また、友達に情報を広めてお気に入りの飲食店をサポートしたい利用者は、ビジネスがストーリーズ投稿に追加した「料理を注文」スタンプを自分のアカウントでシェアすることもできます。ストーリーズ投稿の右下に表示される紙飛行機アイコンをタップすると、「料理を注文」スタンプを自分の投稿でもシェアできます。

新型コロナウイルスの影響が広がっていることを受け、Facebook社では現在、中小ビジネスが営業を継続できること、顧客との繋がりを維持できること、最新情報を伝える手段を提供すること、という3つの点を重視して様々な取り組みや機能の開発を行っています。

Instagramでは、個人の利用者と同じようにビジネスも無料でアカウントを開設し、手軽に情報発信したり、ショッピング機能などのツールを利用してビジネスを成長させることが可能です。国内でも外出自粛によって営業の継続が難しくなったり、売上が減少したりしている飲食店が増えており、すでに多くのビジネスがInstagramを活用してデリバリー情報などを顧客に発信しています。今回のアップデートにより、料理の注文というアクションに至るまでをスムーズにInstagram上で完結させることができるようになります。

本日発表した新機能について、ビジネス向けの詳細はこちらをご確認ください。また、新型コロナウイルスに対するFacebook社の最新の取り組みについては、こちらからご覧いただけます。



Facebookでは、表示されるコンテンツや広告のパーソナライズ、広告の測定、セキュリティの確保のためにCookieを使用しています。サイトをクリックまたは閲覧することで、FacebookによるFacebook内外でのCookieの使用に同意するものとします。コントロール方法など、Cookieの使用に関する詳細はこちらをご覧ください: Cookieポリシー