Instagramは12月17日(日本時間)、アプリ内で自分のInstagramアカウントのQRコードを表示、および他のアカウントのQRコードをスキャンできる機能を追加したことを発表しました。まずは日本でのみローンチし、将来的には他の国でも導入を検討します。

アプリ内でQRコードを使えるようになったことで、新しく知り合った友達をInstagramでフォローしたいとき、これまで以上に簡単に相手のアカウントを発見し、繋がることができるようになります。Instagramのアプリを開いていなくても、スマートフォン内臓のカメラでQRコードをスキャンするとアプリが起動し、相手のアカウントを表示します。

また、QRコードはビジネスにとっても重要なツールです。現在、ショッピング施設や飲食店、観光地や音楽フェスなど、様々なビジネスや団体がInstagramアカウントを運用し、顧客との大切なタッチポイントとして活用しています。コミュニティの90%が何らかのビジネスをフォローしている*ことからも分かるように、利用者もInstagram上でビジネスと繋がることに好意的です。

しかし、店頭やイベント会場などのオフラインで自社アカウントを訴求する際、これまではアカウント名を文字で記載したり、ネームタグを使ったりする必要がありました。さらに、QRコードを使いたい場合は、外部サービスを利用してコードを生成するしかありませんでした。

今後は、Instagramアプリ内で自分のQRコードを表示することができるため、そのような手間を掛ける必要がなくなります。印刷物などにQRコードを掲載したい場合は、ウェブページからダウンロードすることも可能です。

使い方は以下の通りです:

自分のQRコードを表示する方法

– プロフィール画面の右上にある三本線のアイコンをタップし、設定タブを表示

-「QRコード」をタップ

他のアカウントのQRコードをスキャンする方法

-ストーリーズ専用カメラ、またはスマートフォン内臓のカメラをQRコードにかざしてスキャン

-Instagramアプリが開き、アカウントと「フォローする」「プロフィールを見る」のオプションが表示されます

-Instagramアプリをダウンロードしていない場合は、アプリのダウンロードページが表示されます


なお、既存の機能であるネームタグも引き続きご利用いただけます。アプリ内で自分のQRコードを表示し、画面をタップするとネームタグに切り替わります。

Instagramを積極的に活用しているビジネスの例として、ビジネスプロフィールからレストラン予約ができる「アクションボタン」の国内パートナーである株式会社ぐるなびでは、効果的な活用の方法を加盟店向けに発信するなどのサポートを継続的に行なっています。Instagramアカウントをより多くの顧客に知ってもらう方法として、これまではネームタグを店頭に掲示することを加盟店に薦めてきましたが、今後は利用者がInstagramアプリを起動していなくてもスキャンが可能で、国内で広く浸透しているQRコードの導入を積極的に行なっていく予定です。

*Instagram内部データ(2019年10月)