Instagramは10月31日、今週からすベてのビジネスが既存のショッピング投稿を広告として配信できるようになったことを発表しました。この機能は、Instagramにおけるショッピング分野の継続的な投資の一環として、今年9月より一部のビジネスを対象にテストしていたものです。今後は日本を含むすべての国と地域において、ショッピング機能を利用しているビジネスであれば、アドマネージャを使うことで、ショッピング投稿をフィード広告として配信可能です。

日本の利用者のうち80%が、商品やサービスを購入するか決めるためにInstagramを訪れる*1ことからも分かるように、Instagramは多くの利用者にとって商品やサービスを発見する場であり、詳細を調べたり購入するなどのアクションを起こすきっかけになっています。2018年6月に日本で導入を開始して以来、様々なビジネスがショッピング機能を利用しており、国内でも利用が急速に進んでいます。
*1 出典:IPSOS「プロジェクトInstagram」国内ユーザー調査(弊社委託), 2018年11月

ショッピング投稿の広告配信について、REVOLVEマーケティングマネージャであるAlisa Harada氏は次のように述べています。「オーガニックのショッピング投稿を広告として掲載することで、Instagramでの当社のショッピングプレゼンスを強化できることを嬉しく思います。Instagramが提供する新しい製品を通じ、顧客の行動や購買傾向を学びながら新しい手法をテストし、デジタルマーケティング戦略を進化させていくことは当社にとって重要です。この新機能が当社のビジネスにどのような効果をもたらしてくれるのか楽しみです。」